中耳炎

1回歯の表面を保護している骨を減らしてしまうほど深刻になってしまった歯周病は、たとえ症状そのものが治まったとしても、なくなったエナメル質が元の量になるようなことは無いに等しいのです。
耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに大別できますが、中耳付近にばい菌やウィルスなどが付着し、発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる病を中耳炎と称しているのです。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に悪影響をもたらすのです。
普通なら骨折はしない程度のごく小さな力でも、骨のある決まった所に幾度も繰り返し持続的にかかることにより、骨折する事もあり得るようです。
汗疱状湿疹は掌や足裏、または指と指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が現れる症状で、世間一般では汗疹(あせも)と言われており、足裏に現れると水虫と間違われるケースもよくあります。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になってしまった後に購入できて、まったく同一の成分で金銭的な負荷が小さい(クスリ代が安い)後発医薬品そのものです。
お年を召した方や慢性的な疾患を持っている人は、殊更肺炎にかかりやすくて治療が長引く特徴があるので、常日頃から予防する意識や迅速な処置が重要なのです。
基礎代謝量(kcal)とは睡眠中ではない状態で生命活動を維持する(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の維持等)ために欠かせない基礎的なエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後には、製薬市場の約80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わる飲み薬もある位、後発医薬品(こうはついやくひん)は先進国で知られています。
めまいが診られず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴のみを幾度も発症する症例を区別して「蝸牛型メニエール(メニエル)病」と呼ぶような場合が多いようです。
肝臓を健康にキープするには、肝臓の有害物質を無毒化する力が下がらないようにすること、要は、肝臓を老けさせない対策に地道に取り組むことが有効です。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有した血液や精液、女性の母乳や腟分泌液等の様々な体液が、看病する人等の粘膜や傷口に触れることで、HIVに感染する可能性があるのです。
ハーバード大学医学部の研究結果によれば、毎日2〜3カップのデカフェコーヒーに変えることで、なんと直腸がんの発病率を半分以上も減少させることができたらしい。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日サロを使う行為の禁止を強く提案しています。
陰金田虫は比較的若い男の人多い傾向があって、原則として股間部にのみ拡大し、激しく体を動かしたり、入浴した後など体が熱くなると強烈な痒みに苦しみます。